【補助金情報】ものづくり補助金 歯科医院関係の採択事例

補助金・助成金活用事例

この記事は約 2 分で読めます。

歯科医院を経営されている読者の方に向けて、令和元年度補正ものづくり補助金の公開されている採択事例のうち、歯科医院・クリニックがどのような申請をされているかをまとめてみました。

採択事例は申請の具体的な内容は公表されていませんが、都道府県名・企業名・事業計画名などは公式サイトで知ることが出来ます。この事業計画名を手がかりに、「採択を勝ち取った歯科医院がどのような事業を志向しているか」を推し量る手がかりになるのではないかと考えます。

申請をお考えの事業様の参考になるよう、筆者なりに申請分野をグルーピングしてまとめてみました。
コロナ感染対策」「3Dスキャナー」「IoT導入等による診療行為の効率化」などがキーワードとして浮かび上がってきます。

この現象は、「上記のような申請が多い」というよりは、「上記のような申請が採択されている」という事実を示しており、補助金の審査側のスタッフがどのようなサービス・事業を支持しているか・選んでいるか、ということを示していると言えます。

令和元年第1次締め切りの採択者合計1,429者のうち、歯科医院によるものと思われる申請は62件(4.3%)でした。

このまとめが、事業者の皆様の申請のご検討に役立てば幸いです。

本サイトで提供される情報は運営者の独自の取材によるものであり、情報の正誤については責任を負いかねます。ご利用される場合はご自身の責任においてご利用されるようお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました